携帯用プロテインランキング

筋トレ&サプリメント情報ナビ

筋トレやサプリメントなど体つくりに関する情報サイト

携帯用プロテインおすすめランキング

読了までの目安時間:約 6分

筋肉をつけて体重を増やすには、食事の間隔をなるべく開けないことです。理想は3~4時間おきに食べることです。

 

しかし、現実的には難しいので、3食+サプリメントという形がいいでしょう。

 

問題はサプリメントを外出先や仕事中にどうやって摂るかです。

プロテインパウダーではシェイカーと水が必要なため、現実的ではありません。

 

そこで活用したいのが携帯用プロテインです。携帯用プロテインは現在、様々なものがあります。ここでは携帯用プロテインのタンパク質含有量、特徴をランキング形式で解説していきます。

 

 

携帯用プロテインおすすめランキング

 第1位

プロテインドリンク40 (500ml 24本入り)

 

携帯用プロテインでは最高の1本に40gのタンパク質を含有。さらに、タンパク質にはWPIホエイプロテインを使用。

素早く、最高のたんぱく源が場所を選ばず補給することができます。

また、究極のホエイプロテイン「ラクトクリスタル」を使用。ラクトクリスタルは、BCAAを多く含有する栄養価の高いタンパク質です。

エネルギー:200kcal / たんぱく質:40g / 脂質:0g / 炭水化物:10g / ナトリウム:30mg / ビタミンB6:1.5mg / ビタミンB12:4.9μg / ナイアシン:30mg

1本471円。24本まとめ買いで1026円安くなります。

 

レビューはこちら⇒プロテインドリンクレビュー&評価

 

 第2位

ビッグホエイRTD 30パック

ゼリータイプの携帯用プロテイン。オーストラリア産のプロテインを採用。

1個にタンパク質20g含有。低脂肪、低炭水化物で飲みやすい味です。バルクスポーツのこだわりで定価価格高品質を追求した携帯用プロテインです。

味ははちみつ&りんごヨーグルトとストロベリーヨーグルト。

エネルギー118kcal、たんぱく質20g、脂質2g、炭水化物5g、ナトリウム64.2mg

1本あたり180円

 

 第3位

ささみプロテインバー20袋40本入り

ソーセージタイプの携帯用プロテイン。

1本にタンパク質10g含有。とりささみを使用した低脂肪。1本あたり0.2gと携帯用プロテインの中でもかなり低い体脂肪率。

塩分にもこだわり1本あたり0.7gとなっています。低脂肪高タンパク食品を場所を選ばず手軽に摂ることができます。

1本:エネルギー 54kcal、たんぱく質 10.0g、脂質 0.2g、炭水化物 2.37g、ナトリウム 285mg (食塩相当量:0.7g)

1袋(2本)あたり216円

 

レビューはこちら⇒ささみプロテインバーレビュー&評価

 

 第4位

DNS プロエックス350ml×24本

ドリンクタイプの携帯用プロテイン。

1本にタンパク質28.8g含有。350mlにホエイプロテインが約29g含有されています。

350mlのコンパクトサイズなので持ち運びが楽です。少ない量で多くのタンパク質が摂取できるのが特徴です。

1本(350ml): エネルギー175(kcal)たんぱく質28.8(g)無水物換算値30.3(g)脂 質0.4(g)炭水化物15.3(g)ナトリウム87(㎎)

1本あたり367円

 

 第5位

【GOLD`S GYM】プロテインスナック10袋セット

珍しいスナックタイプの携帯用プロテイン。

1袋にタンパク質20g含有。美味しく手軽に摂れるスナックタイプのプロテイン。

50gと小さめサイズなので持ち運びに便利です。量は少ないですがタンパク質はしっかり20g確保。

1袋: エネルギー 200kcal、 たんぱく質 21.1g 、脂質 3.7g、 炭水化物 20.5g、 ナトリウム 270mg

1袋あたり350円

 

レビューはこちら⇒プロテインスナックレビュー&評価

 

 


ファイトクラブの40チキン購入レビュー!ファミマのサラダチキンと比較してみた

 

 

kin15

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
kin23 ▲携帯に便利なプロテインのおすすめランキング

コスパ プロテイン ▲最もコスパの良いプロテインは?

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村