筋トレ、サプリメント、食事に関する情報を掲載しています

筋トレ&サプリメント情報ナビ

筋トレやサプリメントなど体つくりに関する情報サイト

2017年保存版プロテイン最安値ランキング

読了までの目安時間:約 7分

 

ここでのホエイプロテインは、最も需要のあるWPCで統一しています。カゼインやソイ、それにWPIホエイは比較していません。

 

 

 

第1位 マイプロテイン

 

5キロ・・・7,693円(30%OFFの場合)

1キロ/1,538円

※7,500円以上で送料無料

 

栄養成分表示(100g当たり)

エネルギー・・・412kcal

タンパク質・・・82.0g(無水換算)

炭水化物・・・4.0g

脂質・・・7.5g

食塩相当量・・・0.5g

 

マイプロテイン公式サイトはこちら

 

30%OFFクーポンコードはこちら・・・ES4L-R2

 

味は、プレーンはもちろん、チョコ、バナナ、ストロベリーなど多彩なテイストを取り揃えています。ただし、上記の栄養素はプレーンなので、味付きの場合は上記の栄養素よりも最大で10%程度下がります。

 

 

 

 

第2位 540プロジェクト

 

4キロ・・・7,260円

1キロ/1,598円

送 料
◆4kg以下◆
○北海道 ・・・・・・・・ 890
○北東北・・・・・・・・・ 525
○南東北,関東,中部,北陸 ・ 525
○近 畿・・・・・・・・・ 525
○中 国・・・・・・・・・・525
○四 国・・・・・・・・・・525
○九 州・・・・・・・・・ 525
○沖縄県・・・・・・・・・ 1260

 

栄養成分表示(100g当たり)

エネルギー・・・397kcal

タンパク質・・・82.0g(無水換算)

炭水化物・・・6.9g

脂質・・・6.4g

食塩相当量・・・0.43g

 

540プロジェクト公式サイトはこちら

 

味はプレーン味のみとなります。

 

 

 

 

第3位 二チガ

 

3キロ/5,100円

1キロ/1,700円(4,300円以上で送料無料)

 

栄養成分表示(100g当たり)

エネルギー・・・395kcal

タンパク質・・・81.0g(無水換算)

炭水化物・・・8.9g

脂質・・・5.5g

食塩相当量・・・0.85g

 

ホエイプロテイン100【instant】1kg×3袋 プレーン味  造粒品 NICHIGA(ニチガ)

新品価格
¥5,100

 

このプロテインは、アマゾンのみでの販売となります。味はプレーン味のみとなります。

 

 

第4位 ニチエー

 

5キロ/9,288円

1キロ/1,857円

※送料無料

 

栄養成分表示(100g当たり)

エネルギー・・・391kcal

タンパク質・・・77.8g

炭水化物・・・7.6g

脂質・・・5.5g

食塩相当量・・・0.37g

 

nichie ホエイプロテイン WPC 5kg(1kg×5袋)

新品価格
¥9,288


このプロテインは、アマゾンのみでの販売となります。味はプレーン味のみとなります。

 

 

 

第5位 ボディウィング

 

3キロ/5,790円

1キロ/1,930円

※送料無料

 

栄養成分表示(100g当たり)

エネルギー・・・414kcal

タンパク質・・・82.1g(無水換算)

炭水化物・・・7.7g

脂質・・・6.0g

食塩相当量・・・0.48g

 

■栄養成分(100g中)
エネルギー 414kcal
たんぱく質 78.0g(無水物換算82.1g)
脂質 6.0g
炭水化物 7.7g
ナトリウム188mg(食塩相当量0.48g)
カルシウム 452mg

 

ホエイプロテイン 3kg 無添加 ナチュラル

新品価格
¥5,790

このプロテインは、アマゾンのみでの販売となります。味はプレーン味のみとなります。

 

 

 

 

タンパク質の量について

無水換算とそうでないのがありますが、どれも大体同じです。

 

すなわち、無水換算では100gあたりタンパク質が81~81g、そうでない場合は78g前後になります。

 

 

 

 

まとめ

最安値は、マイプロテインでした。マイプロテインはイギリスのブランドで、日本には2016年に進出してきたばかりです。

 

しかし、イギリスではメジャーなブランドで、ヨーロッパでもNO.1のサプリメントメーカーです。

 

2位以下は国内のブランドですが、あまり知られていないメーカーが多いです。これらは、コストを最大限下げるために広告などにお金をかけないためです。

 

プロテインの原料は、どこも大体同じなので、値段の違いはブランドや広告宣伝費などによって変わってきます。

 

単純に栄養だけ摂取できればブランドにこだわらない、というのであれば上記のランキングは参考になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
kin23 ▲携帯に便利なプロテインのおすすめランキング

コスパ プロテイン ▲最もコスパの良いプロテインは?

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村