ホームトレーニングにオススメのダンベルとベンチの紹介

筋トレ&サプリメント情報ナビ

筋トレやサプリメントなど体つくりに関する情報サイト

ホームトレーニングで最低限必要な3つのアイテム

読了までの目安時間:約 5分

自宅でトレーニングするために揃えておきたいアイテムは3つあります。

 

  • ダンベル
  • ベンチ
  • フロアマット

 

この3つがあれば、とりあえずほぼ全身のトレーニングを行うことができます

 

 

ダンベル

 

dunbel1

ダンベルセット60キロ

 

片方30キロあれば、ほとんどの部位を鍛えることが可能です。また、筋肉が発達して重量が軽くなったと思ったらプレートのみを追加購入することもできます。

 

 

スクリュー式なので外れる心配もありません。また、プレートにはラバーが付いているので床を痛めたり、怪我の危険性も回避することができます。

 

 

価格は17,690円(税込)です。以前ご紹介したパワーブロックに比べると1/10の価格です。

パワーブロック紹介記事

 

 

パワーブロックはプレートを付け替える必要がなくワンタッチで重量を変更できるのが魅力ですが、価格が高いというのがネックです。といってもジムに通う会費の1年分で購入することができるので、長い目で見れば決して高い買い物ではないですが。

 

 

なるべく安く揃えたい、という場合は通常のダンベルがやはりお得です。ただし、重量を変える場合は付け替える必要があるため面倒です。しかし、価格面を考えればパワーブロックよりはるかに安いので、費用を抑えたいならダンベルがオススメです。

 

 

 

ベンチ

 

dunbel2

インクラインベンチ

 

ダンベルのみでもある程度トレーニングができますが、胸のトレーニングはやはりベンチがないと厳しいものがあります。そこでオススメなのがインクラインベンチです。

 

 

ベンチには、フラットタイプとインクラインという角度が変えられるベンチがあります。インクラインベンチは角度が変えられるので、胸の上部や肩のトレーニングをするときに効果を発揮します。

 

 

また、インクラインベンチはフラットにすることもできるので、あらゆる角度で行うことができ、刺激を変えることができるのでどうせ購入するならフラットではなく、インクラインベンチを 購入したほうがいいでしょう。

 

 

 

マット

 

matmini2-a

フロアマット

 

自宅でトレーニングする場合、床を傷つけるリスクがあります。また、マンションなどに住んでいる場合、階下に音が響く可能性もあります。そのため、マットがあるといいです。

 

 

以上がホームトレーニングで最低限そろえておきたいアイテムです。

 

 

 

最後に

 

もし、自宅にもう少しスペースがあるなら、もう一つオススメのアイテムがあります。それはこちら。

 

 

marutigym

マルチジム

 

マルチジムとは、腹筋台のついた懸垂器具です。このマルチジムで一番やりたいのはチンニングです。チンニングは手幅を広くして行う懸垂のことですが、背中の筋肉を鍛えることができます。

 

 

腕の付け根から広がる広背筋を鍛えることができます。これにより逆3角形の体にすることができます。先ほどのダンベルとベンチだけでは鍛えられない部位でもあります。

 

 

もし、どうしても置けるスペースがない場合は、公園の鉄棒などで代用してもいいでしょう。

 

 

まずは、最低限ダンベル、ベンチ、マットを揃えて筋トレを日々の生活に取り入れてみましょう。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
kin23 ▲携帯に便利なプロテインのおすすめランキング

コスパ プロテイン ▲最もコスパの良いプロテインは?

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村