筋トレ、サプリメント、食事に関する情報を掲載しています

筋トレ&サプリメント情報ナビ

筋トレやサプリメントなど体つくりに関する情報サイト

須藤孝三選手の腕のトレーニング

読了までの目安時間:約 4分

sudo3

 

須藤孝三選手はミスターユニバースというボディビルの世界大会で2回優勝している選手です。今とは時代背景が違いますが、それでも世界で一番になるというのはとても難しいことです。

 

 

ここでは、須藤孝三選手の当時の腕のサイズと、腕のトレーニングを紹介していきます。

 

 

須藤孝三選手の上腕囲の遍歴

 

1964年 13歳 29センチ

 

1970年 19歳 38センチ

 

1971年 20歳 42センチ

 

1973年 22歳 44センチ

 

1974年 23歳 44センチ

 

 

1973年ミスター日本2位の時のトレーニングスケジュール

 

この頃のトレーニングは、朝夜2回のダブルスプリット。

 

A、(朝)上腕2頭、カーフ、腹 (夜)背中、肩、腹

 

B、(朝)上腕3頭、カーフ、腹 (夜)胸、脚、腹

 

 

1973年当時の腕のトレーニング内容

 

上腕2頭筋

シーテッドダンベルカール 15~25キロ 3~12回×6セット

プリーチャーカール 15~25キロ 3~10回×5セット

ワンハンドゾットマンカール 15キロ 8~10回×5セット

コンセントレーションカール 10キロ 8~10回×5セット

 

上腕3頭筋

スタンディングフレンチプレス 40~65キロ 3~12回×6セット

ケーブルプレスダウン 35~60キロ 3~10回×5セット

ワンハンドフレンチプレス 15キロ 8~10回×5セット

トライセプスプッシュアウエイ 12.5キロ 8~10回×5セット

 

 

 

1974年ミスター日本優勝時のトレーニングスケジュール

 

A、(朝)上腕2頭筋、前腕 (夜)背中、肩、腹

 

B、(朝)上腕3頭筋 (夜)胸、脚、腹

 

 

1974年当時の腕のトレーニン内容

 

上腕2頭筋

バーベルカール 30~70キロ 3~12回×6セット

シーテッドダンベルカール 17.5~27.5キロ 3~10回×5セット

プリーチャーカール 20~30キロ 3~8回×5セット

ワンハンドゾットマンカール 15~20キロ 8~10回×5セット

コンセントレーションカール 12.5キロ 8~10回×4セット

リストカール 30~45キロ 10回~20回×5セット

 

上腕3頭筋

ケーブルプレスダウン 40~65キロ 3~12回×6セット

ライイングエクステンション 40~65キロ 3~10回×5セット

スタンディングフレンチプレス 50~70キロ 3~10回×5セット

ワンハンドフレンチプレス 15~15.75キロ 8~10回×5セット

ワンハンドトライセプスアウェイ 15~15.5キロ 8~10回×4セット

 

※出典元:月刊ボディビルディング1976年6月号

 

 

こちらもよく読まれています。

末光健一選手のトレーニングと食事法 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
kin23 ▲携帯に便利なプロテインのおすすめランキング

コスパ プロテイン ▲最もコスパの良いプロテインは?

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村