筋トレ、サプリメント、食事に関する情報を掲載しています

筋トレ&サプリメント情報ナビ

筋トレやサプリメントなど体つくりに関する情報サイト

タイのホテルのジムで筋トレ&食事

読了までの目安時間:約 6分

タイのホテルに併設しているジムで筋トレしました。ホテルのグレードはピンからキリまであり、もちろん宿泊費が高くなるほど設備は整っています。

 

今回宿泊したのは、一泊日本円で5,000円程度のホテルです。

 

・スミスマシン
・ダンベル50ポンドまで
・ベンチ、ショルダーマシン

・レッグカール、エクステンション

・腹筋マシン

・ペックデッキフライ

 

背中のマシンはなかったと思います。

 

大体こんな感じで、最低限の設備という感じでした。手入れはほとんどされてなく、ベンチのレザーが破けてクッションがはみ出していたり、バーが錆びていたりしていました。

 

 

 

 

ピンぼけですみません。

 

 

 

 

マシンは「Body-Solid」というメーカーで統一されていました。もしかしたらゴールドジムにもあったかもしれません。

 

誰もいない時はクーラーがついていなくて、ホテルのスタッフに言ってつけてもらいましたが、タイは日中30℃以上あるのでかなり汗だくになりました。

 

今回は2日間トレーニングをし、

 

1日目:脚

スミスマシンスクワット、

レッグエクステンション、

レッグカール、

腹筋マシン

 

2日目:胸、腕

スミスマシンベンチプレス、

チェストマシン、

ペックデッキフライ、

ダンベルフライ、

オーバーヘッドダンベルエクステンション、

キックバック、

ダンベルカール、

ハンマーカール

 

こんな感じで、できる種目は限られましたが、異国の地で現状維持するには十分でした。

 

 

 

タイでの食事

 

タイでの食事はこんな感じです。

 

ホテルの朝食バイキング。たんぱく質は卵、鶏肉、ハム、ウィンナーでしたが、鶏肉は料理の中に入っているので十分な量ではなかった感じです。

 

逆に野菜や炭水化物は豊富にありました(笑

 

 

 

こちらはデパートのフードコートでランチしたときの食事です。

 

フードコートにはいろんな食べ物がありますが、注文したのは、ご飯の上におかずをトッピングできるメニューです。たんぱく質として魚と卵、そして糸こんにゃくと野菜の和え物。

 

ご飯の量は、感覚的ですが250~300gくらいあったような感じです。

 

これで100バーツ、日本円でおよそ300円程度です。日本のランチに比べたらかなり安く済ませることができます。しかも、タンパク質もしっかり摂ることができます。

 

もちろんトッピングはいくらでもできるので、例えば魚2匹とか、目玉焼き3個にすることも可能です。ただ、そうなるとおそらく200バーツくらいでおよそ600円程度するかもしれません。

 

それでも日本の感覚からしたら安いですね。

 

 

 

こちらは、夕食としてスーパーで購入したものです。

 

ゆで卵:29バーツ(約100円)

鶏肉:59バーツ(約200円)

野菜:59バーツ(約200円)

 

日本円にして約500円程度です。

 

鶏肉はかなり量が多く、おそらく300g以上あったと思います。

 

ゆで卵は4個で29バーツ、日本円でおよそ100円程度なので日本の半分くらいの価格ですね。しかも卵はLサイズのようでかなり大きかったです。

 

実は、これらを食べた後、お腹を壊して下痢をしました。

 

原因はわかりませんが、おそらく生野菜ではないかと思います。というのも野菜を洗うとき、水道水で洗うと思うのですが、その水が影響したのではと思いました。

 

現地の人たちは慣れているので問題ないでしょうが、慣れていない日本人が生野菜を食べるときは注意したほうがいいかもしれません。

 

いずれにしても、タイでの食事は日本に比べてかなり安く食べることができます。

 

 

 

まとめ

タイのホテルにはジムが併設されている場合が多いですが、もしジムがない場合、他のホテルでビジターとして利用することもできるようです。

 

ちなみに今回私が宿泊したホテルは、プラトゥーナム地区にあるPJウォーターゲートホテルというところです。

 

古いですが、管理がしっかりしていて駅にも近く、いいホテルでした。

 

今回は、タイに行ったときに筋トレと食事をどのようにしているのか?というテーマでお伝えしました。

 

参考になれば幸いです。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
kin23 ▲携帯に便利なプロテインのおすすめランキング

コスパ プロテイン ▲最もコスパの良いプロテインは?

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村