筋トレ、サプリメント、食事に関する情報を掲載しています

筋トレ&サプリメント情報ナビ

筋トレやサプリメントなど体つくりに関する情報サイト

ボディビルコンテスト出場まで その2

読了までの目安時間:約 3分

 

中野ヘルスクラブは当時、日本で最も有名なボディビルジムといってもいいでしょう。なぜなら、ミスター日本の小沼選手はじめ、鶴田和一選手、臼井オサム選手、ミス日本になった長谷川尚子選手、木村孝子選手などジムの会員も錚々たるメンバーだったからです。

 

 

また、のちにミスター日本となる谷野義弘選手も当時中野ヘルスクラブでトレーニングしていました。これほどすごいジムなので、いやがうえでもモチベーションが上がるという環境でしたね。

 



 

 

中野ヘルスクラブはどんなとこ?

中野ヘルスクラブは、JR中野駅から南口に降りてまっすぐ歩いていき、5差路の交差点のところにありました。駅から徒歩5分ほどのところです。

 

 

かなり古いビルの2階のフロアー全体が中野ヘルスクラブでした。古いのでクーラーもなく、夏は窓を全開に開けていました。そのため、外からでもトレーニングをやっている人のうめき声がよく聞こえてきました(笑

 

 

全日本レベルの選手はもちろん、東京レベルの選手もかなりいました。男女の比率は、やはり男性の方が多かったですが、女性も3割くらいはいたように思います。

 

 

トレーニングマシンなどは、当時としては外国製のマシンなどをそろえていて、個人ジムとしてはなかなかだったと思います。

 

 

 

 

せっかくの環境が宝の持ち腐れ

せっかくこのようないい環境に身を置いていたのですが、私は当時職場の人たちと飲みに行ったりパチンコに行ったりと、トレーニングをサボることもしばしばでした。要するに意志が弱かったのですね。

 

 

そのため、ベンチプレス100キロすらなかなか挙げられず、体もとてもボディビルコンテストに出れるようなものではありませんでした。

 

 

せっかくいい環境に身を置いたのに、これではダメだ!と思い、ある時期を境に再び筋トレに集中することにしたのでした。

 

 
ボディビルコンテスト出場まで その3に続く
 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 大久保雅彦 より:

    自分も若い頃に通ってました!サイコーサイコーサイコーのジムでした凄い懐かしいです!
    楽しくて仕方なかったですね

    • kintoremania より:

      ありがとうございます。あの時代は良かったですね。もしかしたらお会いしていたかもしれませんね。

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
kin23 ▲携帯に便利なプロテインのおすすめランキング

コスパ プロテイン ▲最もコスパの良いプロテインは?

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村