糖質制限 筋トレ

筋トレ&サプリメント情報ナビ

筋トレやサプリメントなど体つくりに関する情報サイト

糖質制限と筋トレ

読了までの目安時間:約 5分

糖質制限は脂肪を落とすには効果的な方法です。

 

しかし、筋肉をつけるという観点で言えばマイナスとなります。

 

 

 

糖質制限が筋トレにマイナスな理由

 

糖質制限が筋トレにマイナスという最大の理由は、筋肉内のグリコーゲンが枯渇することです。


 



 
 

筋トレを行っているとき、エネルギー源として使われるは主にグリコーゲンです。しかし、グリコーゲンは炭水化物(カーボ)なので、糖質制限をしているとグリコーゲンが不足した状態になります。

 

そこで体は何をエネルギー源にするかというと、脂肪と筋肉です。しかし、糖質制限によって普段から脂肪がエネルギー源として使われているため、脂肪が不足している場合があります。

 

そのため、筋肉をエネルギー源として使おうとします。

 

糖質制限を行ったことがある人ならわかると思いますが、糖質制限を行った状態で筋トレをやると、今まで上がっていた重量が全然上がらなくなった、という経験があるのではないでしょうか?

 

これは、筋肉が落ちている何よりの証拠です。

 

 

 

グリコーゲンの役割

 

グリコーゲンとは、筋肉と肝臓に蓄えられているものです。

 

なぜ、グリコーゲンが存在するかというと、体は万が一に備えて脂肪をエネルギー源として蓄えていますが、その前に予備タンクとしてグリコーゲンがエネルギー源として消費されます。

 

脂肪は本当に万が一のために、なるべく使いたくないからです。

 

筋トレのような短時間で最大限の力を出すような運動では、主にグリコーゲンがエネルギー源として消費されます。

 

 

 

筋トレをやるなら最低限の糖質が必要

 

筋肉を落とさずにダイエットしたいなら、最低限の炭水化物は確保するべきです。完全に糖質をカットすると筋肉内のグリコーゲンが枯渇し、エネルギー源がなくなるからです。

 

ただし、タイミングが重要です。

 

筋トレ直後は吸収能力が高まっているので、このタイミングで炭水化物を摂取しても脂肪になることはありません。

 

また、朝はこれから活動するので、このタイミングで炭水化物を摂取しても脂肪になることはありません。もちろん摂取量は気をつけなければなりませんが。

 

量の目安としては、コンビニのおにぎり1個程度を目安にするといいでしょう。人によって消費カロリーは違うので、様子を見て調整しましょう。

 

 

 

どうしても脂肪を落としたい場合は?

 

もし、どうしても脂肪を落としたい場合は、期間を区切って糖質制限をするといいでしょう。

 

通常糖質制限は2週間くらいの期間がかかります。

 

2~3週間糖質制限を行ったら、一旦やめて炭水化物を取るようにします。その間に筋肉内のグリコーゲンを満タンにします。

 

そしてまた糖質制限を行います。

 

ちなみに糖質制限を1週間程度行ったくらいでは、それほど使用重量が落ちることはありません。

 

人によって期間は変わってくると思いますが、扱っている重量を目安にし、重量が落ちて来たら糖質制限をやめて元の食事に戻し、重量が戻ったらまた糖質制限を開始する、というようにすればいいでしょう。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
人気記事
kin23 ▲携帯に便利なプロテインのおすすめランキング

コスパ プロテイン ▲最もコスパの良いプロテインは?

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村