筋トレ、サプリメント、食事に関する情報を掲載しています

筋トレ&サプリメント情報ナビ

筋トレやサプリメントなど体つくりに関する情報サイト

筋肉で体重を増やすためには便通も重要

読了までの目安時間:約 4分

筋肉をつけるには便通も重要

筋肉で体重を増やすには、食べる量とともに、その食べたものをうまく排泄させなければなりません。うまく栄養を吸収し、いらなくなったもの排泄させる、という自然のサイクルです。

 

便通が良くないと筋トレも力が入らなくなり、結果筋肉をつけることができなくなるからです。

筋肉で体重を増やすためには便通も重要の続きを読む »»

筋肉で体重を増やすには睡眠が重要

読了までの目安時間:約 5分

筋肉で体重を増やしたい場合、タンパク質だけ摂っていればいいわけではありません。

 

食事で摂ったタンパク質を効率的に筋肉づくりに利用するには、ある条件が整うことが重要です。

筋肉で体重を増やすには睡眠が重要の続きを読む »»

筋肉で体重を増やすためのランチ

読了までの目安時間:約 2分

筋肉で体重を増やしたいと思ったら、食事は特に気をつける必要があります。

 

なぜなら、筋肉はタンパク質でできているからです。そのため、外食はなるべく避けたいところです。しかしながら、普段会社に勤めている場合なかなか弁当などを作るのは面倒だと思います。

 

そこで活用したいのがコンビ二です。 筋肉で体重を増やすためのランチの続きを読む »»

体重を増やすための脚のトレーニング

読了までの目安時間:約 3分

体重を増やすにはどこを優先すべきか?

これはまず脚、背中、胸です。特に脚は体の中で一番大きい筋肉です。そのため、筋肉で体重を増やしたいならまず脚のトレーニングを優先的に行うべきでしょう。

体重を増やすための脚のトレーニングの続きを読む »»

タンパク質の吸収をサポートする亜鉛

読了までの目安時間:約 4分

亜鉛の重要性

筋肉で体重を増やしたい場合、タンパク質を多く摂ることは多くの人が知っていると思います。しかし、タンパク質さえ摂っていればいいかというとそうではありません。タンパク質を体に吸収させるためにはミネラルが必要なのです。

タンパク質の吸収をサポートする亜鉛の続きを読む »»

携帯用プロテイン

読了までの目安時間:約 4分

筋肉で体重を増やすには食事を回数を増やすことも重要です。

 

理想は1日5~6回ですが、仕事中にそんなに食べれる人はいないでしょう。

 

そこで、サプリメントを活用します。

携帯用プロテインの続きを読む »»

筋肥大と脂肪

読了までの目安時間:約 2分

kin1筋肉と脂肪は密接な関係があります。

 

つまり、筋肥大するときは脂肪もつきます。

 

また、ダイエットすると脂肪は落ちますが、筋肉も若干落ちます。

 

このように筋肉だけつけたり、脂肪だけを落とすことは非常に難しいのです。もちろん、太りたい人は脂肪をつけてでも太りたい、と思っているかと思います。

 

脂肪がついてくると、それだけで筋肉が発達することも事実です。

 

なぜなら、脂肪を支えるために体が筋肉を必要とするからです。

 

筋肉があれば体についた脂肪を支えることができます。

 

スポンサードリンク



 
 

だからといってなんでも食べて脂肪をつければいいわけではありません。やはり基本は筋トレをきちんと行って筋肉をつけていくほうがかっこいい体になります。

 

 

まとめますと、筋肉だけで体重を増やしたいと思っても脂肪はつけずに筋肉だけつけることはできないということ。

 

ただし、脂肪をつけずに筋肉だけつけたい、という場合は一旦体重を増やした状態から食事に気をつけて時間をかけてダイエットしていけば不可能ではありません。

 

ただ、最初に筋肉をつける段階では、そうしても脂肪も一緒についてくる、ということは理解しておいたほうがいいでしょう。

 

 

筋肉で体重を増やすならまずは脚

読了までの目安時間:約 3分

 

kin2このブログでは、主に痩せている人が体重を増やすための情報を書いています。

 

しかし、ただ単に太ればいいというわけではありません。

 

ぶくぶく脂肪だけで太ってはカッコ悪いし、第一健康にもよくありません。

 

やはり太るなら筋肉で太りたいものです。

筋肉で体重を増やすならまずは脚の続きを読む »»

筋肉をつけるための食事

読了までの目安時間:約 2分

 

筋肉はタンパク質でできている

 

筋肉はその成分の殆どはタンパク質です。

 

したがって食事ではタンパク質を意識して摂る必要があります。

 

もちろん脂肪や炭水化物も体にとって必要な栄養素です。

 

ただ、脂肪や炭水化物は体にストックしておくことができますが、タンパク質はストックしておくことができません。

 

なので、毎回の食事で意識的にタンパク質の含まれているものを食べる必要があります。

 

 

スポンサードリンク



 
 

タンパク質が多く含まれる食品

 

肉、魚、卵、牛乳

 

タンパク質には、動物性と植物性があります。

 

ただ、植物性はアミノ酸スコアが低いため、タンパク質としての吸収率が低いといわれています。

 

なので、タンパク質は動物性の食品から多く摂りたいところです。

 

ただし、注意したいのは、肉や魚は部位を意識することです。

 

例えば、ベーコンやハンバーグは脂肪が多いので避けるべきです。

 

また、鶏の皮などは脂肪だけなのでタンパク質は含まれていません。

 

魚に関しては、まぐろは赤身とトロがありますが、トロは赤身の2倍以上のカロリーがあります。

 

マグロを食べるなら赤身です。

 

 

 

 

筋肉を付けるには筋トレが不可欠

読了までの目安時間:約 4分

 

なぜ筋トレが必要か?

 

筋肉を付けて体重を増やすには、筋トレをしなければなりません。

 

なぜなら、筋肉は筋破壊されたときのみ修復して、より大きくなるからです。

 

また、筋肉を付けるには成長ホルモンが効果があることが知られています。

 

成長ホルモンは筋トレ直後に分泌されます。

筋肉を付けるには筋トレが不可欠の続きを読む »»

1 10 11 12
人気記事
kin23 ▲携帯に便利なプロテインのおすすめランキング

コスパ プロテイン ▲最もコスパの良いプロテインは?

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村